2019年2月8日金曜日

レポート:科学的特性マップの対話型全国説明会(広島会場)20190204

0 件のコメント:
本日は、2019年2月4日(月)に広島県広島市で開催されました
科学的特性マップの対話型全国説明会の広島会場のレポートになります。
なお、会場内は録音や撮影禁止だっため帰宅して思い起こしながらのレポートです。
内容については薄いかもしれませんがご容赦ください。
まだ説明会は続きますので、ぜひ疑問に思った部分などありましたら参加してみて下さい。

広島会場
開場・受付 17:50
開会 18:20
閉会 20:30(予定)
会場:TKPガーデンシティ広島駅前大橋 6階 ホール 6A
http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/nuclear/rw/jichitai-setsumei201709r.html

https://www.numo.or.jp/taiwa/2018/

今後の予定。抜粋。
熊谷市 2月13日(水):18:20~20:30 男女共同参画センター
丸亀市 2月15日(金):18:20~20:30 丸亀市生涯学習センター
新宮市 2月16日(土):13:30~16:00 新宮商工会議所
鶴岡市 2月24日(日):13:30~16:00 庄内産業振興センター
新居浜市 3月2日(土):13:30~16:00 新居浜テレコムプラザ
松山市 3月3日(日):13:30~16:00 えひめ共済会館
白石市 3月4日(月):18:20~20:30 舞鶴会館
北九州市 3月9日(土):13:30~16:00 西日本総合展示場
長浜市 3月10日(日):13:30~16:00 セミナー&カルチャーセンター「臨湖」
阿南市 3月14日(木):18:20~20:30 阿南市文化会館

資料などは以下からも閲覧&ダウンロードできます。

(説明用資料)

『説明資料』(PDF形式:1.8MB)PDF ※2019年2月1日更新



ここからレポート
○高レベル放射性廃棄物について地層処分を行うことについての説明会&疑問に関する質問会

○人工バリアについて質問をしたが、どのような過程で現在の内容になったかははっきりせず。
NUMOが設立される前よりも確立された技術?方法との事。
少なくともちなみに20年以上前に決定。

○人工バリアについては、緩衝材は100度を超えると性質が変わる可能性があるとの事で、100度を下回る地層処分後30年~50年はモニタリングする。

○人工バリアについては、核燃料サイクルの2000年レポートの内容に記載があるとの事。
参加されている他国でも認識されている方法とのことで・・・大丈夫と説明された。

○もしも重大な事故が起きた場合の被害想定については、被害が怒らないことを前提に選定し調査し地層処分するためしていない。又はする必要がないとの事。
ガラス固化しているため、もしも爆発事故のようなことが起きても飛散はしても福島第一原子力発電所の事故のようにはならない。
ガラス固化処理していることから環境中に溶け出すようなことも考えにくいとの話。

(重要)
○すぐにでも地層処分を行うことに着手したいが、候補地が決まらず調査もしていないため
まずは事前対話で住民の理解を求めてできるだけ早く早急に事業に着手したい。と話が合った。

(まとめ)
NUMOの職員様は一般の方からの質問に真摯に回答していた。
質問の内容はしっかりと考えて伝える必要はあるが、お時間がある方は是非参加して思いをぶつけてきた方が良いかもしれない。


==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2019年1月22日火曜日

培養土(花と野菜の土)・ぼかし肥料・福岡県北九州市(2018年)有限会社サンアンドホープ

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました堆肥についての測定結果です。
堆肥名は、「培養土(花と野菜の土)・ぼかし肥料」
産地は、「福岡県北九州市門司区」
製造者及び販売者は、「株式会社サンアンドホープ」

自家産の農作物等に使用されている培養土について、
定期的に見ておきたいとの事からご依頼を受けました。

(測定風景)


(測定品詳細)
堆肥名:培養土(花と野菜の土)・ぼかし肥料
産地:福岡県北九州市門司区
製造者:株式会社サンアンドホープ
製造工場:株式会社サンアンドホープ
販売者:株式会社サンアンドホープ
生産年月:2018年12月
入手年月:2018年12月
賞味期限:NO DATA
ロットナンバー:NO DATA

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:807.5
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:誤検出であり不検出(測定下限値0.5Bq/kg)
セシウム134:誤検出であり不検出(測定下限値0.4Bq/kg)
カリウム40:309±68.8Bq/kg(測定下限値4.4Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:〇
796keV:×

セシウム137
662keV:×

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:〇

ビスマス214
609keV:〇
1120keV:〇

[トリウム系]
鉛212
239keV:〇

アクチニウム228
338keV:〇
911keV、965keV:〇

タリウム208
583keV:〇
861keV:〇

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」
「鉛214」(ウラン系)
「ビスマス214」(ウラン系)
「鉛212」(トリウム系)
「アクチニウム228」(トリウム系)
「タリウム208」(トリウム系)

の検出と判断しました。
放射性セシウムに関しては、検出されるほどのものでもなく
安心して使用することのできる「花と野菜の土・ぼかし肥料(北九州市)」であると思われます。

※2018年12月9日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
========================================================== 

2019年1月20日日曜日

玄米(減農薬)・鹿児島県(2018年)

0 件のコメント:
本日は、ご依頼のありました食品についての測定結果です。
食品名は、「玄米(減農薬)」
産地は、「鹿児島県」
製造者及び販売者は、「地元」

鹿児島県で2018年10月に収穫した「玄米(減農薬)」です。
現状を知っておきたいとの事からご依頼を受けました。
なお、同地域で収穫された無農薬・減農薬の玄米について、今までの測定結果は次のとおりです。

「玄米A・無農薬・鹿児島県(2015年産)」
https://onomichi-labo.blogspot.jp/2016/01/a2015.html

「玄米B・減農薬・鹿児島県(2015年産)」
https://onomichi-labo.blogspot.jp/2016/01/b2015.html

「玄米(無農薬)・鹿児島県(2016年)」
http://onomichi-labo.blogspot.jp/2016/12/2016_8.html

「玄米(減農薬)・鹿児島県(2016年)」
https://onomichi-labo.blogspot.jp/2016/12/2016_12.html

「玄米(減農薬)・鹿児島県(2017年)」
https://onomichi-labo.blogspot.jp/2017/12/2017_16.html

「玄米(無農薬)・鹿児島県(2017年)」
https://onomichi-labo.blogspot.com/2017/12/2017_17.html

「玄米(無農薬)・鹿児島県(2018年)」
https://onomichi-labo.blogspot.com/2018/12/2018_25.html

(測定風景)



(測定品詳細)
食品名:玄米(減農薬)
産地:鹿児島県
製造者:地元
製造工場:地元
販売者:地元
生産年月:2018年10月
入手年月:2018年10月
賞味期限:NO DATA
ロットナンバー:NO DATA

(測定結果)
測定時間:43200秒
重量:897.6
g
測定容器:1Lマリネリ容器(全量充填)
解析精度3σ(精度99.7%)
セシウム137:不検出(測定下限値0.3Bq/kg)
セシウム134:不検出(測定下限値0.3Bq/kg)
カリウム40:56.3±15.5Bq/kg(測定下限値3.7Bq/kg)

(判定方法):スペクトルからのピーク
セシウム134
605keV:×
796keV:×

セシウム137
662keV:×

カリウム40
1461keV:〇

[ウラン系]
鉛214
242keV、295keV、352keV:×

ビスマス214
609keV:×
1120keV:×

[トリウム系]
鉛212
239keV:×

アクチニウム228
338keV:×
911keV、965keV:×

タリウム208
583keV:×
861keV:×

(まとめ)
天然核種
「カリウム40」

のみの検出と判断しました。
放射性セシウムに関しては、検出されるほどのものでもなく
安心して食べることのできる「玄米・減農薬(鹿児島県)」であると思われます。

前回の無農薬の時と同じように、以前までの測定結果と比べてみますと
同じような測定結果が得られております。
そういう意味でも安心のできる玄米(減農薬)であると考えられます。

※2018年12月8日の測定結果です。
放射能測定結果の数値には必ず誤差があります。
また、放射能測定結果の範囲内に「放射能絶対値」が含まれる確率を、解析精度という値で表示しています。
機器や測定環境も左右する確率的な測定ですので、あくまでも参考値としてご活用ください。
この個体(このロット)を測定した結果はその母集団の数値を保障するものでありません。
今回の測定が検出なしでも、永続的な安心を保障するものでもありません。

==========================================================
・Facebookファンページについて
おのみち -測定依頼所-」のFacebookのファンページを作成しました
皆様の「いいね!」をよろしくお願いいたします


・利用料等の口座を開設しました
トラブル防止のため、利用料等は口座振り込みをご利用ください
「利用料口座の開設」と「広告用チラシの刷新」について

・長時間測定を可能にするために、測定室の環境整備を行っています
長時間測定を行うことによりノイズの平滑化を行い、計数を稼いでいます
ピークは有りそうなのに検出されていない場合等では、必要な際はゲルマニウム測定による確定が必要になります
その1:「おのみち -測定依頼所-」の測定室の環境について
・非電化工房へ長時間測定についてお問い合わせ内容等
==========================================================